img_02

大変役に立つわきが治療の話

わきがの治療法の一つに、短期間でできるものがあります。
30分もかからない治療法もあるため、時間が少ないだけでぐっと精神的・身体的な不安も軽減させることができます。


短期間で負担も少ないわきが治療には、すでに挙げたメリットも含め、いくつかのメリットがあります。

その反面、簡単にすむ治療だからこその注意点もあるので、実際に選択する場合には、メリットと注意点を総合的に判断してから決断することをおすすめします。

わきがの治療として、一番有効的とされるのは、ある程度時間を要して行われる手術です。

そのため、逆にいえば短時間ですませられる治療は、ある意味一時的な処置ととらえても間違いではありません。一番気軽にできるタイプには、注射があります。


効果が高いとされる手術の所要時間が数時間かかるのに比べて、注射による所要時間は片方のわきが数分、あるいは両方のわきがに対し五分前後取り掛かるだけで終了します。担当医の経験などにより、時間が多少前後することがありますが、数時間と数分では負担がかなり軽減されることが分かります。
注射を受けた当日の行動制限もほとんどなく、普段の生活と同じように過ごせる点もメリットです。

また、手術にかかる費用と比べて、注射だとぐんと費用を抑えられる点もうれしいメリットといえます。


注意点は、効果を維持するためには通い続けなければならないことです。ただし、通い続けることを負担と思わない場合、都度必要になる費用も問題ない場合は、たとえ一度の手術であっても、注射を選んだほうが気持ち的負担が少なくてすむからよいと考えることもあります。

わきが手術についての基礎知識と魅力をご説明しているサイトです。

もう一つの注意点は、わきがを完全には治療できないことです。注射では、においなどを緩和させる程度にとどまります。

においの根本を取り除く治療ではないことを理解したうえで、治療法として選択することをおすすめします。

ただし、注射による効果を高めるために、ほかの方法を組み合わせるなどの工夫は可能です。